株式会社 伸建工業|とび・土工工事|鋼構造物工事業|愛知県名古屋市株式会社 伸建工業|とび・土工工事|鋼構造物工事業|愛知県名古屋市|三重県|岐阜県|東海3県

qrcode.png
http://www.shinkenkougyo.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社伸建工業
〒452-0805
愛知県名古屋市西区市場木町460番地
TEL:052-504-7481
FAX:052-504-5361
---------------------------------------
・とび・土工工事業
・鋼構造物工事業
---------------------------------------
●とび・土工工事業
愛知県知事許可
般-27 第34671号
●鋼構造物工事業
愛知県知事許可
般-27 第34671号
 

全員会・職長会・勉強会

 

令和3年1月15日 職長会

令和3年1月15日 職長会
フォーム
 
職長会

新年初、今回の定例 「職長会」では以下の項目について話し合いました。

 

◆作業手順の周知徹底
・若手作業員・協力会社・実習生への安全活動の指導・支援
・事故に繋がらない様、現場の片付けを状況に応じて対応。
 

◆ヒヤリハット報告・対策案

 ・凍結、泥により鉄板上が滑りやすい➡安全マット等できる対策をして注意する。

 ・アンチが滑りバランス崩す・カゴ揚重時引っ掛け➡基本手順を守り作業する事

 

◆ハーネスの点検表の強化

 ・他の作業員に点検してもらう・同時に落下防止設備も点検する。

 

◆ 社用車の清掃、除菌、山之腰資材センターの清掃徹底
・社用車に備品の置き忘れ、ゴミ、吸い殻の片付けを今一度、徹底させる。
 

社長より

更に効率よく、かつ安全性を上げて作業していく事を武器に

事務所サイドと供に協力して

「無事故無災害で一年を終え、良い年末を迎えられるように」

とお願いがありました。

 

専務より

KY・報告は確実に実施し、現場の要望に応えていくように。

引き続き体調管理に注意し、通勤災害も増えてきているので無理なく

安全運転を実施して。」とのお願いがありました。

 

厳しい事でも言い合い、円滑に作業が出来る現場を目指して

「ヒヤリハット対策」・「作業点検・手順の確認」を忘れず

今後も安全に作業しましょう!!

 

 

令和2年11月20日 職長会

令和2年11月20日 職長会
フォーム
 
職長会

今回の定例 「職長会」では以下の項目について話し合いました。

 

1.年間スケジュールの見直し

 ・毎月1回、発生した事柄、感じた事について「意見・要望・報告」の実施。

 ・前期・後期 各1回ずつ懇親会・食事会を開催する

 

2.協力会社の職長会参加について

 ・伸建工業(山之腰)のルールを浸透してもらう為にも参加していただく。

 

3.月間MVP表彰

・毎月、表彰者を決定して表彰する。(クオカード贈呈!)

 

4.ヒヤリハット報告書の説明

・会社からのコメントを参考に対策案・改善点を協議する。

・過去の災害を忘れないように災害事例等も交え伝達方法を協議決定する。

 

社長より

「無事故無災害危険ゼロの理念に基づき 見る人が安心できる作業を」

との伝達がありました。

 

専務からも

「コロナ、インフルエンザの時期になるので体調管理には十分に気を配り、

当たり前の事を当然に 出来るよう指導を」とのお願いがありました。

 

 

今一度、皆で「ヒヤリハット対策」・「作業点検・手順の確認」を共有して

事故防止に気をつけて、引き締めて作業していきましょう。

 

 

平成29年6月30日 全員会

平成29年6月30日 全員会
フォーム
 
全員会・勉強会
今回の全員会では7月1日からの全国安全週間についての説明、注意点、心構えの伝達を行いました。
そのなかでも、毎年の課題である熱中症の問題については、残念なことにここ数年毎年最低1人は、当社から熱中症にかかる作業員が出ていることから、今年こそはという意識を社員全体に持ってもらうため、社長、専務から説明、指示がありました。

勉強会ではまず始めに安全週間用の教育DVDを20分ほど見た後、今の時代建設業界で注目されている見える化についてプロジェクターを用いて社員全員で勉強しました。
労働基準監督所のデータに基づき最も災害が発生する原因と状況、これくらいだから少しの間だからという油断や安全に対しての意識の低さ、そして人が危険を認識するためには、ほとんどの割合で視覚を必要とします。そのために見える化することにより、個人の意識も重要ですが、災害を防ぐ確率が格段に上がります。

安全とは、実行しそして誰が見ても安心できるようにするということから、見せることも重要です。
 

プロ意識を持ち、各作業所で常に安全の先頭に立ち続けていきましょう!!
 
 

平成29年3月3日 新人勉強会

平成29年3月3日 新人勉強会
フォーム
 
新人勉強会
今回は職長3人を中心に新しく入った職人の勉強会を行った。
 
主な内容
 
1.足場を組み立てる意味
基本的にやるべき仕事は他職の人たちが安全に作業がやりやすい環境、設備を組み立て整える事
 
※早さを求めることも大事だが他職の人たちが安全に足場を利用するということを第一に考え忘れてはいけない
 
2.足場組立解体中に考えられる危険作業
重大災害につながる高所作業
・高所・足場上からの墜落、転落
・高所・足場上からの資材、工具の落下
・開口部、端部からの墜落、転落
・足場解体時、長尺物が仕上げ面、ガラスに接触し破損 等
 
重機を使用の場合
・不十分な玉掛けによる荷が落下
・吊り角度が広い、または狭すぎる
・ワイヤーを絞らず、ふくろ掛けで荷を吊る
・複数の部材をまとめて揚重する
・合図ミスによる吊り荷との接触
・ワイヤー、吊具が切断、破損し荷が落下 等
 
※とび職という仕事は常に危険と隣合わせであるということを意識し日々の安全作業に心がける
 
3.使用業者による足場の完成形の違い
足場は組み立てる場所、使用業者により求められるものは様々である
 
足場の種類
・外部足場・内部足場・階段足場・ローリング足場
・支保工足場・天井裏常設足場・地足場・通路足場 等
 
使用業者により、作業床の高さ、作業床の幅、躯体からの寸法、昇降方法などその作業に適したものを組み渡していかなければならなく特に安全面に関しては重点を置くこと
 
4.足場を効率よく組立解体する
効率よく仕事をする為には、段取り、作業手順、予測がそのほとんどで最も重要なポイント
職長の役割でもあるが作業員もルール的なことは守り、ただ言われたことをするだけではなく自分の頭で考える事が必要
KY用紙も名前をただ書くだけではなく、図面や書類などまずは目を通し日頃の意識を高めること
足場の図面を解読できるようになれば指示をもらわずに自分の頭の中で余裕が生まれ全体の作業の流れや周りの状況も少しづつ見えるようになる
 
5.玉掛作業について
吊り荷の重さにより変わるワイヤーの径、切断荷重、ワイヤーの吊り角度について
・ワイヤー、シャックル等、使用前の点検(点検色のテープを巻く)
・3.3.3運動の実施
「30㎝巻き上げ地切りをする」「地切りの状態で3秒待つ」「吊り荷から3m離れる」
・介錯ロープ、警報機の使用
・旋回範囲内の立入禁止措置 人払いの徹底
 
 ※合図者、玉掛け者は慌てることなく最後まで責任をもって確実な安全作業を心がけること
 
6.ピケ材返却時の番線結束長さの目安 等
 
ピケ材返却時の番線結束に使用する丸番線の切断の長さの目安について
 
※番線も無料ではないので少しでも無駄の無いよう資材の一つとして認識すること
 
 
 
 
これから先、この業界において皆さんは必要な存在です!
 
高い意識と向上心を持って日々の安全作業に取り組みましょう!!
 
 
 
 
 

平成28年6月28日 全員会

平成28年6月28日 全員会
フォーム
 
全員会・グループ活動発表会
6/28全員会を行いました。
全員会は従業員全員参加で社長・専務・部長から連絡事項や注意事項などの話がありました。
来月は安全週間ということもあり安全面には特に注意する事と指導がありました。
これから夏にむけて心配されるのが「熱中症」「食中毒」です。
日頃の健康管理が重要だと思いますので皆さんも注意してください。
 
全員会時に毎回行われるグループ課題の報告もあり各班、良かった点と反省点を出し合い話し合ってもらいました。
各班の良かった点はこの先も継続してもらい反省点も来月までに是正出来る事ばかりなので次回の報告では同じ反省点が無ければ良いと思います。
皆で会社を良くしようと始めた事なのでこれからも継続して欲しいと思います。寺西
 

平成28年6月24日 若手作業員勉強会

平成28年6月24日 若手作業員勉強会
フォーム
 
コンクリート打設
今回コンクリート打設の若手作業員勉強会を行いました。
コンクリート打設とは型枠の中にコンクリートを流し込む作業の事で基礎・躯体・土間・立上りなど色々ありますが今回は基礎と躯体のコンクリート打設について学びました。
特にこの2つは必ずと言っていいほど足場が関係してくるので若手作業員には特に学んでほしい事の一つです。
今回はF職長が講師となり色々と説明してくれました。
その他に参加してもらった職長さんにも色々とアドバイスをしてもらい良い勉強会になったと思います。
 
弊社では足場工事も行いますが足場工事は自分達が使う足場ではなく他の業者が安全に作業する為に組むもので基礎工事用足場・外部足場・吊り足場等あり社長がよく「使う人の為におもいやりのある足場を組みなさい」と指導しています。
 
基礎工事足場は唯一自分達の組立てた足場で作業するものであり、今回の勉強会ではコンクリート打設の事だけではなく
「足場を使う人の為、思いやりのある足場」の事も理解し成長してほしいと思います。寺西
 

平成28年3月4日 全員会

平成28年3月4日 全員会
フォーム
 
グループ活動発表会
第2回目のグループ活動報告を各班長に報告をしてもらいました。
 
活動報告
・休憩所、車内の清掃共に良くなってきている
・一人KYの実施やゴミのひとつかみ運動など活動の意味を理解して活動できている
・安全帯を使用してない他職の作業員にも注意をしその場で使用してもらうようにした
・ひとつかみ運動をもっと協力会社に浸透するよう声掛けを行った 等
 
各グループ共に良くできていると思いますが反省点や改善点を探す事が意識の向上に繋がっていくと思うので頑張ってください。 寺西
 
 
 

平成28年2月2日 全員会

平成28年2月2日 全員会
フォーム
 
全員会
今回の新・全員会は昨年末に全従業員を4つのグループに分け各グループ毎に課題を決めて1年間活動するという事になり今年第一回の全員会の場で各グループ班長に活動の途中経過を発表してもらいました。
 
【グループ毎の課題】
「現場の休憩所、通勤車両の整理、整頓、清掃」      
「ゴミのひとつかみ運動」
「 一人KYの実施」
「W安全帯の100%使用」
「まじめにラジオ体操をしよう」 等…
     
各グループ共、良くなった点や反省点が出ていて、良くなった点はもちろん良いのですが反省点が見えてくることが次に繋がる事だと思います。
この活動は自分達で決めた事を継続し自らレベルアップに繋がっていけばと思います。
まだ、2016年始まったばかりなので1年間頑張ってください。    寺西
 
 
 

平成27年11月30日 全員会

平成27年11月30日 全員会
フォーム
 
全員会
今年最後の全員会を行いました。
内容は今まで行っていた職長会と全員会を一緒に行い、全従業員を4つのグループに分けて各グループごとに課題を決め来年1年間活動することになりました。
各グループ共、前向きな意見が出て良い課題が決まりました。
グループ課題の途中経過は来年の全員会の場で発表してもらい、年末に1年間の結果を発表してもらいます。
各グループ共とても良い課題でしたので、全従業員と協力業者に浸透すると良いですね。
1年間頑張りましょう。 寺西
 

平成27年9月30日 勉強会

平成27年9月30日 勉強会
 
本日は若手作業員をメインに勉強会を開催しました。
まずは、塩本工事部長の挨拶から始まります。
10月1日から始まる全国労働衛生週間はどのような事かを分かりやすく説明してくれました。
次に勉強会のほうですが、他職にどのような足場を求められるかから始まり、作業手順、足場の地組み、メッシュシートの貼り方など普段なんとなくやっているがどのようにしたら早いか?何の意味があるのか?など、現場では聞けない事を林職長が主体となり勉強会を進めてくれました。
こちらの写真は林職長がメッシュシートの貼り方を説明している時の物です。
皆メモを取りながら真剣に聞いています。
伸建工業では職長が主体となり若手作業員の育成の為に勉強会を行っていますので未経験者からのスタートでも良い環境が整っています、経験が無いが興味がある方がいましたら随時募集をかけていますので一緒に頑張ってみませんか?
今回、協力してくれた林職長、吉永職長、里見職長、川口職長ありがとうございました。 寺西
 
<<株式会社伸建工業>> 〒452-0805 愛知県名古屋市西区市場木町460番地 TEL:052-504-7481 FAX:052-504-5361